ただ、名義を自分名義にする必要があります。

今乗っている車を乗り換えようとしている際にどうしても必要としているのが買取をしてもらうことです。

 

そこで実際に検討している時にかなり気になってきてしまうのが、オートローンが残っている車でも買取ってくれるのかな?ということです。

 

では実際に買取ではローンが残っている状態でも買取をしてくれるのかどうかをここで説明いたします。

 

まず理解しておくことが必要なのが、銀行の自動車のローンで車を購入した方は、使用者は自分になっていますが、ディラーローンなどを使用して購入した場合は、車検証に記載されている所有者がローン会社になっています。

 

実際名義変更などする際に必要としているのが、所有者の許可になります。自分が所有をしているのなら全く問題なく買取をしてもらって売れるのですが、しかし所有者がローン会社になっていると、まず買取の際に所有者に許可を得ないといけません。

 

ローンが残っている状態ですともちろんローン会社としては許可をしてくれませんので売ることが不可能となります。ただ絶対に売れないのではありません。

 

買取の金額がローンの残りよりも多くなっている場合には、この買取金額で全て返済できますので、返済をして名義変更とすればいいので買取をしてくれます。

 

そしてもしローンのほうが多くなっていても買取はある方法で可能です。そのある方法となるのが自分で残りの分一括返済をする方法、そして新たにフリーローン等をして返済をする方法です。これをすることで買取は可能となります。

 

ただ新たにローンをする場合はかなり損をしてしまいます。今までのローンは自動車のローンですので自動車を担保にしているからこそ比較的低金利で借りることができています。

 

しかし今度新たに組むローンに関しては違っていて、まず担保が全くない状態になっているのでフリーローンと同様になります。

 

フリーローンとなるとかなり金利が高めに設定されているので利息の支払がかなり多くその分損をしてしまいます。どうしても乗り換えることが必要としている以外ならそのまま乗り続けることが一番です。