オンライン査定と実車査定の違いは一体どこにあるの?

近年、ネットの普及によりオンライン査定が急速に発達しました。さまざまなサイトでこの種のサービスをみかけますが、実査査定と比べて、どのような違いがあるのでしょうか。オンライン査定の特徴と実車査定の特徴を確認して、その違いをはっきりさせましょう。

 

【オンライン査定について】
オンライン査定は、車買取り業者のホームページ上や、車一括査定サイト上で受けられます。特徴としては、結果がすばやく判明する点。また、自宅にいながらサービスを受けられる点が挙げられるでしょう。

 

 

ただ、オンライン査定時は、売却する車を実際に見て評価されるわけではありません。売主がネット上で入力したデータを基に算出されるため、かなりの幅を設けた上で金額を提示されるはずです。

 

 

したがって、オンライン査定利用後は、実車査定を受けるのが一般的です。

 

 

【実車査定について】
実車査定の場合には、店舗に直接持ち込み中古車をみてもらう方法と、売主が指定する場所まで業者側に出張してもらいみてもらう方法があります。実車査定では、時間をかけてあらゆるポイントを評価していきますので、時間を取られるはずです。

 

 

その反面、提示される金額は、交渉により金額の上乗せも可能ですが、ほぼ確定されたものですので、売却額との誤差が僅となります。

 

 

【まとめ】
オンライン査定は便利ですが、それだけで売却を完結させられるわけではありません。実車査定前に、業者を選りすぐる方法として利用するのが、正しい活用術と考えられます。

業者の査定額に決められた有効期限はあるの?

車査定で提示された金額には有効期限があります。いつでも、提示された金額で売れるわけではありませんので、注意が必要です。

 

車査定額の有効期限

 

車種毎に相場が存在しており、査定では、相場情報を基に車の適正価格を割り出しています。各車種の相場は日毎に違うため、本来であれば、提示された査定額はその日限り、もっといえば、その時限り有効と考えられます。

 

 

ただ、車の売主からしてみればそれでは納得できません。他の業者とも交渉して、納得した上で売却したいものです。

 

 

買主となる業者は売主の気持ちを心得ていますので、査定額の有効期限に猶予を設けてくれるはずです。といっても、数日程度が一般的ですので、車の売却は時間との勝負となります。

 

 

※業者によって査定額の有効期限は異なるため、「いつまでその金額で売れるのか?」しっかりと確認しておきましょう。

 

車の賢い売却法

 

査定額の有効期限は大変短いため、業者との交渉は一刻を争います。そこで提案したいのが、車一括見積り査定サイトを利用する売却法。業者の足切をして、高額な見積り額を提示する業者にターゲットを絞ることで、効率よく交渉を進められます。

 

 

車一括見積り査定サイトを利用すれば、交渉すべき相手が明確になりますので、ご利用をおすすめします。車の売却は短期決戦となるため、実際に取りかかる前に、シミュレーションを入念に行っておくとよいでしょう!