何故、売却したはずの車の自動車税納税通知書が送られてくるの?

車を所有していると、毎年5月中に、自動車税納税通知書が送られてくるはずです。ただ、車を売却して、すでに所有権を譲渡しているにも関わらず、通知書が送られてくることがあります。このようなケースでは、どのように対処しなければならないのでしょうか。

 

【自動車税納税通知書について】

 

自動車税納税通知書は、自動車税の納税義務を確認する書類で、各都道府県の運輸支局に登録されている住所宛てに、通知書が送付される仕組みとなっています。

 

 

しかし、運輸支局に登録されている情報と事実が異なる場合には、売却したはずの車の自動車税納税通知書が送られてくるはずです。

 

したがって、車を売却する場合には、名義変更手続きを済ませて、運輸支局に登録されている情報を変更する必要があります。

 

問題の解決策

 

売却したはずの車の、自動車税納税通知書が送られてくる場合には、車の買い手に事実を確認しなければなりません。

 

基本的に、名義変更手続きは新オーナーが行うため、売った相手に事実を確かめた上で、必要な手続きを済ませてもらうよう要請しましょう!

 

 

【まとめ】

 

自動車税は4月1日地点の車の所有者に課せられるため、3月中に車を売却する場合には特に注意が必要です。3月31日までに名義変更手続きを完了しないと、売却した車の自動車税納税通知書が送られてくるため、買い手とこまめに連絡を取り合うことをおすすめします。

 

ですが、このような面倒な手続きも車買取店を通して売却すると手間が省けるので安心です。

買取り額の相場を知る何かよい方法はありますか?

各業者の買取り額は企業秘密ですので、実際に査定を受けなければ確かな金額は分かりません。ただ、車一括見積り査定サイトを利用して、買取り額の相場を把握することは十分可能です。

 

買取り額の相場を知る方法

 

車一括見積り査定は、複数の業者から瞬時に見積りを集められるサービスとして知れわたっていますが、別の使い道もあります。

 

 

各サイト上に加盟する買取り業者は、中古車業界に携わる者しか知りえない相場情報を基に、見積り額を算出しています。

 

 

多くの場合、見積り額と参考にした相場に差を設けていないため、見積りを集めて平均値を求めれば、相場に辿り着くはずです。

 

車一括見積り査定サイトを利用

 

車一括見積り査定サイトを利用する際は、基本的には、サービスへの登録が必要となります。登録情報が事実と異なる場合には、正確性を欠く見積り結果となるため、事実通りの入力を心がけましょう。

 

 

また、参考にする見積りの数が多くなればなるほど、現実の相場との誤差を少なくできます。
 
 
車一括見積り査定サイトはいくつも存在するため、複数のサイトに登録して、見積りを入手する機会をできる限り多く設けておくとよいでしょう!

 

 

【まとめ】

 

売ろうと思っている車の、買取り相場をあらかじめ知ることで、安心して契約に臨めるはずです。車の売却をスピーディに行うためにも、買取り業者が提示する見積りから、買取り額の相場へと辿り着く方法をおすすめします。