いいえ、ローンが残っていても大丈夫です!

車の所有権が、クレジット会社あるいはディーラーに帰属している状況ですと、車を勝手に売却することはできません。

 

 

ただ、買取り業者を上手に活用されると、ローンが残っている状況でも車の売却が可能となりますので、諦める必要は全くありません。

 

 

買取り額がローン残積を上回るケース

 

買取り額がローン残積を上回るケースでは、買取り専門業者に車を売却することで、返済に充てる金額を差し引いたお金を手にできます。

 

もちろん、売却を成功させるためには、たとえば車の名義変更などの、さまざまな手続きが必要不可欠ですが、大手買取り専門業者を利用されれば、面倒な手続きを代行してもらえます。

 

 

したがって、煩わしい思いをする必要はなく、車の売却を簡単に実現できるでしょう。

 

 

買取り額がローン残積を下回るケース

 

仮に、買取り額がローン残積を下回るケースでも、車を売却できますので安心してください。

 

 

買取り専門業者の中には、ローンの借り換えサービスを提供しているところが存在します。

 

 

買取りにより得られる資金だけでは完済できないケースでも、新たなローンにより得たお金を不足分に充当させることで、車の売却が可能となるわけです。

 

 

【まとめ】

 

ローンが残っている車を売却する際は、大手買取り業者に売却することをおすすめします。車の所有権がユーザーに帰属していない場合には、売却の際、面倒な手続きが必要となるはずです。

 

 

しかし、大手買取り業者の手続き代行サービスを利用すれば、売却を簡単に済ませられるでしょう。

売却の指標となる車査定は本当に無料?

一般的に、車査定の評価額を踏まえた上で売却へと駒を進めるはずです。あらゆる箇所を確認してから評価額を決定するため、大変手間のかかる作業でもあります。

 

 

そこで気になるのが、無料で受けられるのか?です。実は費用がかかっていた。なんてことがないように、本当のところを確認しておきましょう。

 

車査定について

 

車査定の実施は、売主側と買主側双方にメリットがあり、売買契約を安心して結ぶために欠かせない作業です。

 

 

似たものに業者が実施する見積りが存在しますが、こちらの場合には、提示される金額がアバウトで、この段階では何も確定されていませんので、注意が必要です。

 

 

また、査定の場は交渉の場でもありますので、提示された金額に満足できない人は、金額の上乗せ交渉に積極的にチャレンジしましょう。

 

車査定の種類

 

車査定の実施では、新車ディーラーあるいは買取り業者に依頼するケースが一般的です。両者を比較すると、費用の面で異なるため注意が必要です。

 

 

買取り業者への査定依頼では、店頭持ち込みですと無料で引き受けてもらえますが、新車ディーラーに依頼する場合には、料金を取られることがあります。

 

 

料金もバカにならず、1万円〜1万5千円程度かかりますので、古い車を下取りに出すケースでは、0円で売り渡す結果となるしょう。

 

【まとめ】

 

買取り業者が手がける査定は無料で受けられますので、比較的高い金額をつけられることも合わさって、買取り業者への売却がおすすめです。