愛車を売る時期がポイント!

車を買い替える時に気になるのが、今乗っている車がいくらで売れるかです。できれば高く売って新しい車の出費を抑えたいものですね。

 

では、いつ売れば高く買い取ってもらえるのか気になりますよね?

 

時期によって価格の変動はあるのか気になります。基本的に中古車の価格は時間がたてばたつほど下がっていきます。なので、売りたいと思ったときにすぐ売るのが良いといえます。

 

車種によっては季節によって価格が変動するものもありますが、それまでに走行距離も増えてしまい、その分査定価格が下がってしまうおそれもあります。

 

車検が近い車は車検を通さずに売るのも良いでしょう。買い取り査定に影響はありますが、車検でかかった費用ぶんの金額が、買い取り価格に上乗せされることはまずありません。

 

決算時期、ボーナス時期に売るのもおすすめです。日本の企業は3月決算、9月中間決算となっているのが一般的です。この時期は新車を買う時の値引き交渉がしやすく、中古車販売がのびる時期でもあります。その関係から、買い取り価格が少し高めになる傾向にあるようです。

 

また、どのような車でも○万円で下取りしますと言ったようなキャンペーンを行うディーラーも多いので、年式の古い車、走行距離の多い車、人気のない車等、通常なら値段がつかない車に乗っている方は、この時期のキャンペーンを利用するとお得です。

 

マイナーチェンジでも、フルモデルチェンジでも、モデルチェンジが行われると必ず旧型の車の査定額はさがりますので、モデルチェンジ前に売るのもポイントです。

 

少しでも高く車を売りたい人は、モデルチェンジ前に売らないと大きく損をしてしまうことになります。

 

また、同じ車種だけでなく、ライバル社がモデルチェンジしても査定額は下がります。これはライバル社の車に乗り換える人が増えると、旧型の同じタイプの車が中古車市場に増えることになるからです。

 

車を買い換え予定の人は、いつ売ればいいのかな?と思っているうちに売るタイミングをのがさないように、ニュースや車情報誌などで情報収集をして売ることが大事です。