ディーラー査定のデメリットは、現金化できないこと

ディーラーの下取りでは、新しい車を買う代金に、今乗っている車の買取り価値分を充当して見積もりをすることです。一般的にディーラーが下取りをしてくれるのは、新車を購入することが前提となっています。

 

ディーラー側としても新車を売りやすい、購入者側としても新車を買いやすい、そして古い車の処分が一度にできる便利なシステムです。

 

買取業者と一番違う点は、車に傷やへこみ、錆やニオイなどがあれば、査定に影響することになり、下取り額が大きく下がるということです。

 

また、ディーラーは下取りした車を系列の中古車取扱い店で販売します。このようにディーラーがブローカー的な役割をしているので、仲介手数料を含めて査定額が低くなってしまします。

 

近年では、少しでも車を高額で売りたいという人が増え、下取りに出さずに車買い取り専門店に買い取ってもらうケースが増加しているようです。

 

ディーラーと車買取専門店との一番大きな違いは、新車の購入なしでも買取をしてくれるという点です。

 

もちろん、車の劣化状態や色、車種、年式などによって価格に違いがでますが、人気色や人気車種であれば、高額で売却することができます。

 

車買取業者のメリットは、なんといっても車を現金化することができる点です。下取りには無いメリットです。

 

さて、車を高く買取りしてもらう方法ですが、これは一括査定サイトを利用するということです。一括査定が良い理由は以下にあります。

 

インターネットサイトで車の車種、色、走行距離、年式、事故歴などの情報を入力すれば、一度に複数の業者から査定をしてもらうことが出来るという便利なサイトです。

 

複数の業者に査定を依頼するのは手間がかかります。

 

また、自分で買取業者に連絡を入れると、ほとんどの業者から電話での勧誘がしつこく来ますが、一括査定ではほとんどありません。

 

一括査定サイトを利用しても、売りたくなければ売らなくても良いですし、個人的に連絡をした業者と比較してみても良いでしょう。

 

以上のように、車を高く買取ってもらう方法はほとんどの場合、買取り専門店を利用した方が良いと言えます。


自宅に置きっぱなしの車検切れの車でもOK!

車検切れの車があるのだけれど買取ってくれるのかな?という疑問をお持ちの方も多いと思いますが、買取業者は車検切れでも買取してくれます。

 

もちろん査定上は車検が残っているほうが高くなりますが、ナンバーがついたまま車検が残っている場合でも、すでに抹消してナンバーをはずしている場合でも抹消書類があれば買取は問題なく行われることになります。

 

車検があるかどうかよりは、実動車で大きな手間をかけずにすぐに売れる状態にあるかどうかのほうが重要です。こうした車の買取り業者はそのほとんどが購入した車をオートオークションで売却していくことになりますので、すぐに転売できるコンディションにあることが彼らにとっては重要な事項ということになります。

 

したがって車検がないだけではなく、バッテリーも上がってエンジンがかからないとか動かないということになってしまいますと、不動車という扱いになりますので、少なくともエンジンがかかる状態にしておくことが高く売るために必要となります。

 

また当然のことですが、誇りだらけで長いこと動かしていなかった印象をもたれる車も敬遠されがちになりますので、あくまで車検が切れただけという状況にみえるコンディションを保つことが必要となってきます。

 

こうした車を高く売るためには、ネットの一括査定見積もりサイトなどを利用してみるのがお勧めということになります。

 

こうしたサイトを利用すれば、一回の見積もり依頼で最大5社から10社程度の業者から見積もりが届きますので、自分の車の売却相場が掌握できますし、なによりどの業者がもっとも高く買取ってくれるのかがわかりますので、一番高い金額を提示してくれたところから順番に本査定による売却の交渉をおこなえばいいことになります。

 

中古車はあくまで市場における需要と供給の関係で買取金額が上下することになりますので、車検切れだからといってあきらめずに高く評価してくれる業者を探すことが重要なのです。